GNOME 3.6 は GNOME 3 の最新のアップデートであり、GNOME プロジェクトによる 6 か月の成果となるものです。今回のリリースには、たくさんの大きな新機能があります。たとえば、見直されたアクティビティ画面、更新されたメッセージトレイと通知システム、強化したファイルアプリケーション、さらにアクセシビリティサポートの向上、さまざまな言語を使用するための統合された入力ソースなどがあります。また、細かな改良もたくさんあります。これらが組み合わさることで、GNOME 3 は以前よりもさらに良いものになります。

GNOME プロジェクトは、さまざまな貢献者による国際的なコミュニティであり、非営利の GNOME Foundation によって支えられています。GNOME は、ユーザーエクスペリエンス、安定性、第一級の国際化対応、およびアクセシビリティの向上に重点的に取り組んでいます。GNOME はフリーソフトウェアであり、誰が利用してもかまいません。すべての成果物は自由に使用、修正、再配布することができます。

直前のバージョン 3.4 から、およそ 1112 名の人たちが、約 38302 件の変更を GNOME に加えました。誰でも、GNOME に参加して、私たちのソフトウェアを改良していく力になることができます。GNOME での活動に興味があれば、ご参加ください。また、Friend of GNOME になって、経済的に支援することもできます。

新しくなったこと 〜コアユーザーインターフェース〜

新しくなったこと 〜アプリケーション〜

新しくなったこと 〜アクセシビリティ〜

新しくなったこと 〜国際化〜

新しくなったこと 〜管理者向け〜

新しくなったこと 〜開発者向け〜

GNOME 3.6 の入手

GNOME 3.6 のソースコードは、フリーソフトウェアとしてダウンロードできます。インストールにあたっては、お使いのベンダーやディストリビューションが公式パッケージとして提供するまで待つことを推奨します。人気のあるディストリビューションでは、すぐに GNOME 3.6 が利用可能になるでしょう。開発版において GNOME 3.6 がすでに利用できるディストリビューションもあります。

それまで待てない、あるいはただ GNOME を試してみたいだけという場合は、ライブイメージをダウンロードしてください。

もし技術的なバックグラウンドをお持ちであれば、ソースから GNOME をビルドすることもできます。

GNOME について

GNOME の GUADEC 2012 カンファレンスに出席した貢献者たち

GNOME プロジェクトは、さまざまな貢献者による国際的なコミュニティであり、非営利の GNOME Foundation によって支えられています。GNOME は、ユーザーエクスペリエンス、安定性、第一級の国際化対応、およびアクセシビリティの向上に重点的に取り組んでいます。GNOME はフリーソフトウェアであり、誰が利用してもかまいません。すべての成果物は自由に使用、修正、再配布することができます。

GNOME 3.6 は、GNOME コミュニティの多大で献身的な働きなしには達成できませんでした。すべての人に祝福と感謝を捧げます。

すべての貢献者を代表して、GNOME 3.6 をお楽しみください!